大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


シミュレーション解析に基づくBGP経路障害箇所推定法に関する一検討
著者
  立花篤男, 阿野茂浩, 鶴 正人
 
雑誌名/会議名
  信学技報, CQ2008-73, pp.75-80, 2009年1月 2009 年 1 月
 
アブストラクト
  インタードメインにおけるBGP経路障害は,インターネットの到達性に深刻な影響を与える可能性がある.これに対し,オペレータがその障害箇所・原因を特定し,適切な運用手順により,経路障害を復旧・回避する手法は重要である.しかしながら,インターネットの大規模性やルーティングポリシーの複雑性により,膨大な数のBGP経路更新メッセージの詳細解析によるBGP経路障害の原因特定は困難である.これに対し,筆者らは,複数地点で計測したBGP経路更新メッセージと経路表(RIB; Route Information Base) に基づいて,経路障害時のBGPメッセージの広報・伝播パターンをシミュレーション計算し,実測データとの類似性を定量的に評価することにより,経路障害箇所を推定する手法を考案した.本稿では推定手順の概要と,その有用性を評価した実験結果について述べる.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.