大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


共有区間最小物理帯域幅の推定手法に関する改良と評価
著者
  辻村 直也
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文 2008 年 2 月
 
アブストラクト
  ネットワークの内部の特性をネットワークの端点間の計測から推定する手法が古くから研 究されており, その一つに, パケットが通過する経路(パス) に沿った最小物理帯域幅(ボトル ネックリンク帯域幅) を推定する問題がある. 複数の送信者から単一受信者へデータを同時転 送する場合, 適切な送信レートの決定には, 各々のパスに沿った最小物理帯域幅だけでなく, 複 数パスの共有区間内の最小物理帯域幅を知る必要がある. このような共有部分区間の最小物理 帯域幅を送信者・受信者間のアクティブ計測だけから推定するための, 疑似パケットペアを用 いた基本的手法を提案したが, 極めて混雑しているネットワークの場合に計測時間や推定信頼 度の不安定性という問題があった. 本研究では, これらに対応し, 推定精度や推定効率(時間) を向上させるため, 有効な疑似パケットの絞り込みを検討し, ネットワークシミュレーション による評価を行った. その結果, 有効データの絞り込みを行なう事で, 従来手法では正しく推定 できなかったリンク利用率が高い状況において, 従来より少ないプローブ量でも正しく推定で きる場合があることを示した.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.