大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


階層型センサネットワークにおける 階層型センサネットワークにおける自律分散通信方式の検討に関する研究
著者
  袰谷拓矢
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2009 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,ユビキタス社会の実現に向けて,周囲の環境や状況の変化を認識して最適なサービ スを提供するユビキタスセンサネットワークが注目されている.広範囲の環境を随時監視す るセンサネットワークでは,各センサは電源供給が困難な場所に配置されるためバッテリに よる駆動が考えられる.したがって,システムを長期間稼働させるためにはデータ収集,転 送における省電力化が重要となる.省電力化の手法として,ネットワーク内に配置された一 部のセンサが集約センサとなり,そのセンサを中心に対象エリアを小領域(クラスタ) に分 割し,集約センサはクラスタ内の他のセンサ(非集約センサ) の取得データを収集,圧縮して データ管理ノード(シンク) へ一括転送する論理的な階層化を形成する手法が提案され,そ の有効性が示されている.この手法に対し,先行研究ではクラスタ内における無線通信方式 としてIEEE802.11b を仮定して,データの衝突など実環境を考慮した調査が行われている. その結果,クラスタ内通信において,データの転送開始時間を自律的に一様分布に従いラン ダムに決定することでフレームロスが軽減することが示されている. 本研究では,衝突によるフレームロスを解消するために,各センサが周辺のノードと相互 に送信タイミングを調整する位相拡散時分割方式に着目し,調整に要する時間とパラメータ の関係の評価を通してその有効性を検証する.その結果,位相拡散時分割方式を送信タイミ ングとして用いることでデータロス率,フレームロス率が軽減できることを示した.
 
キーワード
  Sensor Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.