大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


高機能中継ノードによるフロースケジューリングの有効性に関する検討
著者
  阿部 真一郎,嶋村 昌義,池永 全志
 
雑誌名/会議名
  第62回電気関係学会九州支部連合大会(2009年9月28〜29日,福岡県) 2009 年 9 月
 
アブストラクト
  通信環境やアプリケーションの著しい多様化と急激な利用拡大に伴い,より効果的で柔軟なネットワーク資源の共有が求められている.ネットワーク上で複数のフローが競合する場合には,適切なスケジューリングによって,転送時間を短縮出来る場合がある.本稿では,高度な中継機能を持つネットワークノードを導入し,中継ノードにおいて転送データを蓄積することにより,フローを適切にスケジューリングする手法について検討する.
 
キーワード
  Transport protocol, その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.