大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


省電力ネットワークの実現に向けたピークトラヒックの推定
著者
  金光宏明,田村瞳,内田真人,尾家祐二
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 2009年ソサイエティ大会, B-16-7 2009年9月15〜18日 2009 年 9 月
 
アブストラクト
  インターネット技術の発展により,ルータやLAN ス イッチなどのネットワーク機器の消費電力量が年々増加 の一途をたどっている.そのため,ネットワーク機器の 省電力化に向けた対策が急務の課題となっている. ルータやLAN スイッチは物理リンクの帯域幅により 消費電力が異なるため,それを削減するためにはトラ ヒック量に合わせた帯域幅の設定が効果的である.そこ で本研究では,学内ネットワークで計測されたトラヒッ クデータを対象として,ピークスループットの挙動の分 析・推定を行う.これらの分析・推定には稀な現象の振 る舞いを扱う統計理論である極値理論を用いる.
 
キーワード
  Green IT
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.