大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


サービスプラットホームとしてのネットワーク計測の試み 〜 perfSONAR に基づく広域ネットワークの統合的管理を目指して〜
著者
  中村 勝一, 飯塚 秀明, 内田 真人, 鶴 正人
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会, 信学技法, Vol.109, No.208, pp.49-54(IA2009-41), 2009年7月16-17日(機械振興会館, 東京都港区) 2009 年 7 月
 
アブストラクト
  インターネットの高度利用への要求の増加に伴い,その信頼性や品質の管理,動的な割当てや選択に必要となるネットワーク計測技術の重要性が高まっている.広域性・多様性・分散管理性などに起因して,インターネットの大域的状態の継続的把握や通信品質劣化の実時間での原因特定は容易ではなく,多地点・異種・長時間の計測の連携が有効である.また効率的な計測には,計測データや解析結果の共有や再利用が有効である.そこで,ユーザ(アプリケーション)やオペレータに対して目的に応じた統合的な計測や解析機能を提供できる,広域ネットワーク計測サービスプラットホームが必要になる.本稿では,NICT/JGN2plus 上での「新世代ネットワークの運用・管理技術の研究開発」(SPARC) と連携して実施している,統合ネットワーク計測システムの設計,実装方式,試作を用いたインターネット上での実験を簡単に紹介する.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.