大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ターゲット捕捉センサネットワークにおける省電力化のための捕捉メッセージ送信エリア径制御手法に関する研究
著者
  中村 勇太
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文 2010 年 3 月
 
アブストラクト
  無線通信機能を有するセンサを広範囲・大量に配置して人や物の動きを検知するターゲット捕捉センサネットワークでは,独立電源による運用が想定されることから,センサの処理動作全般における省電力化が求められる.そこで電力消費量の削減を考慮したセンサの状態遷移を前提とし,ターゲット捕捉のためのメッセージ交換によって,複数センサによるターゲット継続捕捉を実現するアルゴリズムが提案されているが,実運用を考えると,ネットワークのライフタイムはより長いことが望ましく,さらなる省電力化が求められている.本 研究では提案捕捉アルゴリズムについて,センサ省電力化手法の1 つとしてメッセージの送 信エリア径に関する評価を行い,さらなる省電力化の可能性と捕捉性能への影響について調 査する.
 
キーワード
  Sensor Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.