大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ネットワーク構造の特徴を考慮した省電力化経路制御に関する研究
著者
  岩村 幸歩
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2010 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,インターネットの普及拡大に伴いネットワーク機器が増加し, ネットワークの消費電力も増加しており,ネットワーク全体の省電力化は急務である.またネットワーク自体の構造 も大規模化し,従来仮定されてきたランダムネットワークとは異なる性質が示されている. ランダムネットワークにおいてはノードの接続リ ンク数である次数が二項分布にしたがう特徴がある.しかし,近年の研 究では,インターネットにおいては次数が冪 乗分布にしたがうことが確認されている.このようなネットワークはスケールフリーネットワークと呼ば れ,次数の高いノードが少数と次数の低いノードが多数存在し,その結果,高次数ノードの接続リンクほど利用率が高く,低次数ノードの接続リンクほど利用率が低くなる ことが明らかにされている. 本研究では,経路制御プロトコルOSPF (Open Shortest Path First)によるリンクコスト制御を用いて,経路集約によるネット ワークレベルの省電力化を行うことを想定し,スケールフリーネットワークとラ ンダムネットワークの特徴と制御対象リンクの関係,および,各トポロジにおけ る省電力性能を調査し, ネットワークトポロジの特徴を考慮した省電力化手法の指針を検討する.結果よ り,経路集約のための制御対象リンクの設定指針とトポロジの構造による有効性の差異が明 らかになった.
 
キーワード
  Green IT
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.