大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


マルチホップ無線網における再構成による性能改善手法
著者
  世良 隆,野林 大起,池永 全志
 
雑誌名/会議名
  情報処理学会 火の国シンポジウム 2010, C-2-4,6ページ,CD-ROM,(2010年3月15-16日,宮崎県) 2010 年 3 月
 
アブストラクト
  マルチホップ無線網(Multihop Wireless Network,MWN)において,正常にパケットを転送しない異常ノードが網内に存在することで,ネットワーク全体の性能が低下する可能性がある.この異常ノードを直接的,もしくは間接的に網から除外する手法が研究されているが,利用可能なリンク帯域も同時に削減してしまうため,網全体の通信性能が低下する可能性がある.そこで本稿では,異常ノードと接続関係を持つ周辺ノード同士が連携し,インタフェースを効率的に用いてリンクを再構築することで,通信性能の低下を抑制することが可能なトポロジ再構成手法を提案する.さらに,シミュレーションによる性能評価を行い,提案手法の有効性を示す.
 
キーワード
  Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.