大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


蓄積中継型ノードを用いたファイル転送完了時間の短縮手法
著者
  岩見 亮太
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2010 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,インターネットサービスが多様化し,動画配信などの大容量データを伴うアプリケーションが出現し,多数のユーザが同時に大容量ファイル転送を実行する状況が増加している.そのために,複数の大容量ファイル転送がボトルネックリンクで競合する場合,転送時間が増大してしまうという問題が起こる.今後もユーザの増加はさらに加速し,この問題は拡大していくと考えられる.そこで,ネットワークの要所要所に従来のパケット単位の転送を行 うだけのルータではなく,蓄積中継型ノードを置くことで,大容量ファイル転送の競合を時間的・空間的に回避し,転送完了時間を短縮する方式を検討している.本研究報告で は,その基本調査として,単純な状況における転送完了時間短縮を,ネットワークシミュレータを用いて分析した.
 
キーワード
  Traffic Engineering
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.