大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


リンク速度切替によるLANスイッチ省電力化手法の実装に関する研究
著者
  富永 桂
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2010 年 3 月
 
アブストラクト
  近年の通信技術の発達に伴うネットワーク機器の消費電力量増加により,普及台数および総消費電力が最も多いLANスイッチの省電力化が重要視されている.オートネゴシエーション機能を有するLAN スイッチでは,接続先機器のネットワークインターフェースに応じて最適なリンク速度が確立されるが,リンク速度が高い程ポートあたりの消費電力が増加することが明らかにされている.そこで,転送トラヒック量に応じてリンク速度を切替える2RS-UE DT(2 rate witching with utilization estimation Dual-threshold) 手法や,ポートバッファのパケット量に応じて切替を行うALR(Adaptive Link Rate)手法による省電力化の有効性が示されている.ALRの実装実験においては,1 回のリンク速度切替に70[msec]を要することが示されており,運用においてはハードウェア規格の大幅な変更を必要とする.そこで本研究ではオートネゴシエーション機能を用いてソフトウェアレベルで2RS-UE DT手法を実装し,リンク速度切替時間を調査する.次に,トラヒック転送に対する切替閾値,平滑化係数およびトラヒック量推定間隔の性能への影響について検討する.結果より,実機における省電力効果に対する手法の有効性を明らかにした.
 
キーワード
  Green IT
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.