大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


エンドツーエンド計測に基づくパス内品質劣化区間特定手法の比較
著者
  長嶺 仁志
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2010 年 3 月
 
アブストラクト
  インターネット上で信頼性のあるサービスを実現するためには,通信品質劣化の検出及びその原因の特定をタイムリーに行うことが必要である.しかし,インターネットの大規模性や管理の分散性から,個々の内部区間を常時直接的に監視してそれを実現することは困難である.またアプリケーションからは内部区間を監視することはできない.そのためエンドツーエンド計測に基づき,通信パス上における品質劣化を検出し,原因区間を特定する手法が提案・ 開発されてきた.しかし,それらは原理や詳細な目的が異なり,必ずしも普及していないためその信頼性も明らかでなく,どういう場合にはどれを使うのが適切かの検討も不十分である.そこで,本研究報告では,原理や詳細な目的が異なる3 つのツール,pathneck,pong,dolphin を用いて,複数のインターネットパス上での品質劣化検出と原因区間特定のための計測実験を継続的に行い,それらのツールの特性や関係を分析した.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.