大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


きずな(WINDS)を用いたマルチネットワーク統合型データ転送方式の実験
著者
  永田晃, 山村新也, 鶴正人
 
雑誌名/会議名
  NICT WINDSワークショップ「WINDSと将来の衛星通信」, 2010年12月02日(NICT本部, 東京都小金井市) 2010 年 12 月
 
アブストラクト
  著者らは、DTN(Delay/Disruption/Disconnection Tolerant Networking)技術のひとつとして、個々ではアプリケーション要求に対して十分な品質が得られない複数の異種ネットワークを効果的に併用するマルチネットワーク統合型データ転送方式に着目している。 平成22年6月7日〜10日、NICTと九州工業大学は共同でWINDS利用実験を実施し、地上系アクセスネットワークを制御系、WINDS衛星回線をデータ系ネットワークとして利用する構成で、本方式の有効性を検証した。
 
キーワード
  Challenged Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.