大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


コグニティブ無線からコグニティブ無線ネットワークへ 〜 コグニティブ無線ネットワークにおける上位レイヤの課題 〜
著者
  塚本 和也
 
雑誌名/会議名
  信学技報, vol. 110, no. 398, SR2010-76, pp. 41-46, 2011年1月(パネル討論) 2011 年 1 月
 
アブストラクト
  現在,時間的・空間的に利用可能な周波数を動的に切替つつ通信を継続することで,周波数の利用率向上を実現する技術としてコグニティブ無線技術が注目されている.今後は,このコグニティブ無線機能を保持する複数の端末(ノード)が接続されることで「コグニティブ無線ネットワーク」が形成されると予想される.そこで本論文ではまず,コグニティブ無線ネットワーク上のマルチホップ通信に着目し,各ホップにおいて発生する時間的・空間的な通信チャネルの切替が上位レイヤ,特にネットワークレイヤ及びトランスポートレイヤに与える影響を考察する.その後,これらの考察を踏まえた上で各レイヤにおいて解決すべき課題を明らかにした上で,課題解決に必要な情報について整理し,その情報との連携,つまりクロスレイヤ制御について考察する.
 
キーワード
  コグニティブ無線
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.