大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


動的なフロー集約経路制御によるネットワーク省電力化に関する研究
著者
  有田 一史
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 工学府 電気電子専攻 修士論文 2011 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットにおけるトラヒック量の急激な増加に伴い,ルータやスイッチなどのネットワーク機器による電力消費量が急増しており,ネットワークにおける電力消費量の削減が必要となっている.ネットワーク機器による電力消費量の増加の要因は,ISP (Internet Service Provider) 等で,増加し続けるトラヒックの収容を目的としてネットワーク設備の高性能化や機器の増設が行われていることである.ここで,機器一台あたりの電力消費量に関しては,機器のトラヒック処理能力やネットワーク・インターフェースにおける物理帯域に比例することがわかっている.この傾向を利用してこれまでに,ルータやスイッチ等のネットワーク機器の省電力化手法として,到着トラヒックの有無に応じてネットワーク・インターフェースを電力消費量の少ないスリープ状態に遷移させるスリープ制御や到着トラヒックの収容に必要十分な転送帯域へと動的に変更することによる省電力化手法が検討されている.これらの手法は,機器単体を対象とした電力消費量の削減には効果的であるが,ネットワーク全体の省電力化を検討する場合は,網内で発生するトラヒックを電力消費量の面から効率よく収容する必要がある.そこで,本研究ではネットワーク中のトラヒックを最小限の稼働ノード,稼働リンク数で転送できるよう転送経路を動的に選択することにより,ネットワーク全体の省電力化を可能とするフロー集約経路制御(PMAF, Path with Most Active-Links First) を提案し,その性能を明らかにする.特に,PMAF における規模拡張性やトポロジによる省電力性能,および,転送性能への影響を調査し,実環境における有効性を明らかにする.
 
キーワード
  Green IT
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.