大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ODトラヒック行列推定手法における適用ネットワークトポロジの拡張
著者
  古閑 健一
 
雑誌名/会議名
  卒業論文:九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2011 年 2 月
 
アブストラクト
  現在,社会・経済の基盤となっているインターネットの信頼性・安定性の実現に必要不可欠な広域ネットワークの管理運用には,大域的なトラヒックフローの挙動を統計的に常時把握することが重要である.しかし,大規模高速ネットワーク上を通過する個々のパケットの送信元/宛先IPアドレスを調べることでフローを直接的に計測するアプローチは高コストであり,場合によっては計測不可能となる.そこで,ルータの各インターフェース毎に容易に計測可能な通過する複数フロー流量の和(集約フロー流量)から,各フロー毎の特性を推定する方法(Origin-Destination トラヒック行列推定)が研究されている.先行研究では,単純なネットワークトポロジーをシミュレーション対象とした推定手法が考案されており,その有用性が実証されている.しかし,インターネット上でのネットワークトポロジーはより複雑なものであり,より現実的なトポロジーを想定した推定が必要である.そこで,本研究では,先行研究で有用性が実証された基本トポロジーでの推定手法を重ね合わせることで,より現実的なトポロジーへ適用できるように拡張し,その有用性を実測データを組み合わせて 生成したトラヒックデータを用いて検証した.実験結果から,フローの様々な組み合わせにおいて,流量の平均については20%程度の誤差で,流量の分散については15%程度の誤差で,各々推定でき,基本トポロジーでの推定の重ね合わせ手法が,ある程度有効であることが分かった.
 
キーワード
  Measurement, nm
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.