大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ネットワークトポロジ情報を利用した自律的な負荷分散のための制御対象リンク選択方式に関する研究
著者
  兼崎望
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文 2011 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットでは,最小コスト経路制御による負荷集中が原因となる輻輳が発生するた め,様々な負荷分散のための経路制御(Traffic Engineering, TE) 方式が提案されている.その一例として,全ノード間の通信を想定した論理的な経路多重数が多いリンクを含む経路 の利用を回避する手法がある.しかし,リンク毎の多重度の計算量は膨大で実装は困難であ る.現在のインターネットトポロジの特徴として,次数(接続リンク数) 分布がベキ乗則に 従うスケールフリー性を有することが示されており,高次数ノードに接続するリンクの一部 にトラヒックが集中しやすいことが明らかにされている. そこで,本研究ではOSPF(Open ShortestPath First) 経路制御ネットワークにおいて,制 御対象リンク選択指標としてノード次数の有効性を調査し,ノード次数を利用した負荷分散 のための制御対象リンクの決定手法を提案する.そして,提案手法と既存手法の比較により 負荷分散性能を評価し,対象リンク決定のためのノード次数に対する閾値や設定コストの最 適値について調査する.シミュレーション結果より,制御閾値はネットワーク内ノードの平 均次数に依存し,設定コストはネットワークにおけるトラヒックの平均ホップ数に応じて, 定まることを示し,効果家的に負荷分散できることを明らかにした.
 
キーワード
  Traffic Engineering, Large-scale and Complex Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.