大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


省電力経路制御方式の実装実験を通した実現性・規模拡張性の検討
著者
  秋本 智
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2011 年 2 月
 
アブストラクト
   近年インターネットの普及によるトラヒック量の急増に伴い, ネットワーク機器が増加し, ネットワークの消費電力量も増加しているため, ネットワーク全体の省電力化は重要課題となっている. ネットワーク全体で省電力化を行う手法としてKDDI研究所が提案している省電力分散ルーティングプロトコルや, 富士通研究所のECO(Energy Cost Saving Overlay)ルーティングなどがある. 両手法はネットワーク内のトラヒック量が少ない時に経路集約を行い, トラヒックが転送されないノードを電源停止, あるいはsleep状態にすることで省電力化を図る手法である. 両手法ともシミュレーションによる省電力性能の有効性は確認されているが, 実装における性能は明らかにされていない.  そこで本研究では, 実験用ネットワークにおいて省電力分散ルーティングプロトコルとECOルーティングの両手法を実装し, 同一トポロジにおける転送性能や省電力性能を比較し, 実現性, 規模拡張性について問題点や改善点を提起しながら考察する. 実験結果や考察を通して, ECOルーティングにおける性能的な有効性と省電力分散ルーティングプロトコルにおける実現性, 規模拡張性の有効性を明らかにし, 既存のOSPFによる自律的な経路制御に親和性のある手法について検討した.
 
キーワード
  Green IT, opesim
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.