大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ルータ間リンクの省電力制御が多重TCPトラヒックに及ぼす影響調査のための実装実験
著者
  山田賢吾
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2011 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,通信技術の急速な発達によりネットワーク機器の設置台数が増加している.それに伴い,ネットワーク機器の総電力消費量も増加しており,その中でも総電力消費量に占める割合が大きいスイッチ/ルータの省電力化は極めて重要である.これまでにネットワーク機器の省電力化手法として,ポート転送速度が低いほど電力消費量が小さいという特徴から,ポート転送速度の動的制御手法が提案されている.本手法は到着トラヒック量に合わせてポート転送速度を切り替えることによって低消費電力を維持するが,上位レイヤプロトコルであるTCP 通信を考慮した場合,フロー制御機構により可用帯域を十分に利用して通信を行うため,通信性能を劣化させる可能性がある. 先行研究ではTCP トラヒックの転送性能と帯域制限の関係についてシミュレーションにより評価,TCP 通信におけるポート転送速度制御の影響が示されている.しかし実環境における性能は不明であるため,本研究では先行研究におけるシミュレーション環境に基づいて実験ネットワークを構築し,TCPバージョン毎の帯域制限の有用性を調査した.その結果,シミュレーションに比べ省電力性能は低下するが,TCP バージョン毎の省電力性能を明らかにし,実機における省電力制御の有用性を示した.
 
キーワード
  Transport protocol, Green IT, opesim
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.