大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


複数ルータのスパニングツリーを利用した省電力経路集約方式の性能評価
著者
  川本 和樹
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2011 年 2 月
 
アブストラクト
   近年のインターネット普及拡大に伴う消費電力の増加により,ネットワーク全体を考慮した省電力化は急務の課題である.これまでに,代表ルータのスパニングツリーを隣接ルータが利用して経路集約を行い,利用しないリンクの低転送速度設定により省電力化を図るEAR (Energy Aware Routing) アルゴリズムが提案されている.しかし,この手法ではネットワーク規模が大きくなると代表ルータに隣接しないルータが増加し,経路集約により削減できるリンクの割合(リンク削減率) が低下すると考えられる.  そこで本研究では,ネットワーク中の全ルータが代表ルータのスパニングツリーを利用するように変更した経路集約手法を提案する.ランダムネットワークとスケールフリーネットワークを対象とし,シミュレーションによりEAR アルゴリズムと提案手法の省電力性能および通信性能への影響を比較し,転送トラヒック量やネットワーク規模の影響についても調査して,提案手法の有効性を検討する.  シミュレーション結果より,EAR アルゴリズムと比較して,提案手法では転送トラヒック量やネットワーク規模に関わらず,通信性能の劣化を抑制したリンク削減が可能であることを明らかにした.さらに提案手法において,より効率的な代表ルータの選択方法を提案し,効率的な省電力化が可能であることを示した.
 
キーワード
  Green IT, Large-scale and Complex Networks, Simulation
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.