大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


トラヒックの転送待機を考慮した時間的/空間的トラヒックエンジニアリングの性能評価
著者
  内村 吟太
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2011 年 2 月
 
アブストラクト
  移動体通信や無線通信技術の発展と普及に伴い,様々な無線アクセスネットワークを介してインターネットへ接続できる環境が提供されている.しかし,無線通信は干渉等の影響を受けやすいため,高パケットロス率やリンク状態の時間変動が大きい劣通信環境でも,信頼性のある通信を実現する必要がある.ネットワーク資源を効率的に利用し,転送性能を向上する技術として,トラヒックエンジニアリング(TE)がある.一般的なTEでは,複数存在する経路のうち,適切な経路を選択する空間的な経路決定を行う.一方劣通信環境では,空間的な経路決定に加え,リンク状態の回復を待機する時間的な資源の利活用も必要となる.先行研究では,断続的な通信環境を想定して,待機時間を有する時間的・空間的トラヒックエンジニアリング手法が提案されている.提案手法では,宛先までのフローの転送遅延の予測値をパス選択時のメトリックとし,その値が最小となるパスを選択する.しかし,提案手法の有効性は,パスの接続,切断状態がある特定の状態においてのみ評価されており,詳細な調査が必要である.また,パス選択指標の算出に必要な情報が多く,計算式も煩雑である. そこで本研究では,既に提案されているパス選択手法についてパス状態やトラヒック負荷による影響を詳細に調査し,実ネットワーク環境に適用が容易なTE手法を提案し,その評価を行う.評価結果より,提案した簡易なTE手法において,利用可能な複数のパス間にほぼ均等に負荷分散しながら先行研究のパス選択手法に近い転送性能を達成できることを示した.
 
キーワード
  Challenged Networks, Traffic Engineering
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.