大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


OpenFlowネットワークにおける動的経路粒度変更手法の検討
著者
  工藤 宏幸
 
雑誌名/会議名
  2011 年 3 月
 
アブストラクト
  新世代ネットワークの実現に向けて,柔軟な経路制御が可能なOpenFlow スイッチが注目を集めている.OpenFlow スイッチは入力パケットのヘッダ情報に基づき任意の動作を指定することができる.そのため,一般的な宛先IP アドレスに基づく経路制御だけでなく多様な粒度で 定義されたフローに基づいて経路制御が可能である.本稿では,OpenFlow スイッチの利用を前提として,トラヒックの状況に応じて経路制御の粒度を動的に変更する手法について検討し,その有効性について述べた.シミュレーション結果より,トラヒックの状況に応じて適切な経路制御の粒度を設定する事で平均スループットの向上が可能な事を示した.
 
キーワード
  Traffic Engineering, Simulation, その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.