大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


蓄積運搬型通信を用いたインフラの可能性の検証
著者
  山村新也, 永田晃, 鶴正人
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-168, pp. 29-34, 2011年3月.(沖縄コンベンションセンター,沖縄県宜野湾市) 2011 年 3 月
 
アブストラクト
  著者等は、DTN技術をベースに無線/有線ネットワークを効率的に融合するための様々な研究を行ってきた。 本稿では、蓄積運搬型通信技術を用いたインフラ上で動作するアプリケーションの事例を紹介し、蓄積運搬型通信をベースとするインフラのポテンシャル、アプリケーションに求められる要件、蓄積運搬型通信インフラにおける保守について、実証実験の事例に基づいて報告する。
 
キーワード
  Wireless, Challenged Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.