大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Radio-On-Demand Networksにおける端末帰属集約を実現するための指標の検討
著者
  藤本 要,行衛 秀明,野林 大起,福田 豊,池永 全志,吉村 紘一,飯塚 宏之,伊藤 哲也
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会,2011総合大会,no.B-6-137,2011年3月14日〜17日(東京都市大学,東京都) 2011 年 3 月
 
アブストラクト
  無線通信網における消費電力の削減は大きな課題である. 既存の無線LAN では,通信していない間もAP (Access Point) と STA (Station) の間でビーコンの送受信などが行われ, 一定の電力を消費している. そこで,通信の有無に応じて必要な時だけAP を稼働させることで 無線LANを省電力化するROD (Radio-On-Demand Networks) の研究開発が行われている. 本稿では,このROD による消費電力削減のために必要となる要素技術を検討し, その調査結果について報告する.
 
キーワード
  Wireless, Green IT
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.