大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


第四世代移動体無線網の共有リンクスケジューリングにおける秘書選択問題の応用
著者
  鶴池卓矢
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2011 年 3 月
 
アブストラクト
  次世代の移動体通信網として,第四世代(4G)移動体通信(IMT-Advanced)が検討されている.この第四世代移動体通信では,実時間通信にもパケット交換方式が用いられ,VoIPを用いた音声通話だけでなく,動画配信サービスなどの高い通信レートでの実時間通信への要求が高まってきている.しかし,代表的なスケジューリング機構は,総スループットやユーザ間公平性などを考慮しているが,リアルタイム性の高い通信までは考慮していない.そこで本研究では,最適停止問題の一種である秘書問題を適用した時間/周波数分割スケジューリング手法を提案し,4Gネットワーク上でのUDPフローの性能をシミュレーションによって評価・分析し,既存のスケジューリング機構であるMaxCIR機構及びProportional Fairness機構と比較する.評価指標としては,平均スループット,UDPパケットの片道遅延時間の標準偏差及びパケットロス率を用いた.その結果,提案手法は,MaxCIR機構と比較した場合,スループットは劣化したものの,片道遅延時間の標準偏差が小さく抑えられることがわかった.一方,Proportional Fairness機構と比較した場合,提案手法は大きい効果を得ることができなかったため,さらに提案手法の拡張が必要であることがわかった.
 
キーワード
  Mobile, Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.