大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ネットワーク省電力制御に親和性を有するTCPの調査と転送機構改良に関する研究
著者
  荒木遼哉
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文 2011 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,情報ネットワークの発展・普及に伴うLAN等の増加によりネットワーク機器の利用台数が増加している.それに伴うネットワーク機器の電力消費量を抑制するために,ネットワーク機器自体の省電力化が検討されており,普及台数,総消費電力量に占める割合が大きいスイッチ/ルータの省電力化は極めて重要である.これまでにネットワーク構成機器の省電力化手法として,ポート転送速度やリンクアグリゲーションにおける集約リンク数の動的制御が提案されている.これらは,ポート転送速度が低いほど消費電力が小さくなることを利用して,到着トラヒック量に応じて低消費電力を維持する.しかし,到着トラヒックがTCPの場合,そのフロー制御機構により可用帯域を十分に利用してデータ転送を行うため,省電力化のための帯域制限により転送性能が劣化する可能性がある.そこで本研究では,既存の実装TCPの転送性能における帯域制限の影響を調査し,省電力制御に親和性のあるTCPの転送機構を明かにした.
 
キーワード
  Transport protocol, Green IT
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.