大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


無線メッシュ網におけるチャネル干渉を考慮した経路選択手法
著者
  中田 祐毅
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 工学府 電気電子工学専攻 修士論文 2011 年 3 月
 
アブストラクト
  IEEE 802.11 規格に準拠する無線LANが普及している.この無線LANではアクセスポイント(Access Point,AP)と端末(Station,STA)間を無線接続するため,容易にネットワークを構築できる.しかし,従来の無線LANではAPを設置するために期間ネットワークと接続するためのケーブル敷設が必要であった.そこで,ケーブル敷設コストを低減可能な技術としてAPの機能を有するメッシュポイント(Mesh Point,MP)が互いに無線接続することで自律的にネットワークを構築する無線メッシュ網(Wireless Mesh Network,WMN)の検討が進められている.WMNにおいて,MPが備える無線LANインタフェース(Interface,I/F)は複数の伝送レートを利用できるが,異なる伝送レートが混在し同一のチャネルを利用する環境下では,伝送レートの高いノードの通信性能が伝送レートの低いノードの通信性能程度まで抑制されるPerformance Anomaly(PA)問題が発生する.そのため,このような問題を考慮し,WMN において通信性能の低下を抑制するためには適切な経路選択を行う手法が必要となる.そこで本論文では,WMNにおけるPA問題による通信性能の低下を考慮し,ネットワーク全体の通信性能を向上させる経路選択手法を提案した.提案手法を用いることでネットワーク全体の通信性能の向上をシミュレーションにより明らかにした.
 
キーワード
  Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.