大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


断続的マルチホップ通信におけるメッセージ廃棄率低減スケジューリング
著者
  荒木 達矢
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2011 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,「いつでも,どこでも」インターネットを利用できる環境が求められている.しか し,従来のインターネットでは,遅延時間が極端に大きい,メッセージ廃棄や断続的なリン クが頻繁に発生する,という劣悪な通信環境において効率的にend-to-end 通信を行うことが できない.そのため,このような課題を克服する新しいネットワーク技術として,DTN が 研究されている.その一つとして,リンクが常時利用可能でないときに,中継ノードでメッ セージを蓄積して転送機会を待つ手法が提案されている.さらに,蓄積されたメッセージ を効率的に転送する手法としてメッセージスケジューリングも提案されている.研究では, 断続的マルチホップ通信において,有限バッファを持つネットワーク内のノードで発生する 各経路に沿った宛先毎のメッセージ廃棄に着目する.そこで,宛先を考慮したメッセージ廃 棄率の低減を目的とするメッセージスケジューリングを提案し,最も基本的なネットワーク トポロジーの上でリンクの断続性のパターンを様々に変化させたシミュレーションによる評 価を行った.その結果,次の中継ノードのバッファに蓄積しているメッセージを宛先毎に分 類し、その分類の中で個数が少ない宛先を持つメッセージを優先的に転送することで,メッ セージ廃棄率を低く抑えられることが分かった.
 
キーワード
  Challenged Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.