大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


センサノードにおける自律分散スケジューリング機構を利用したMAC層通信方式に関する基礎研究
著者
  袰谷 拓矢,田村 瞳,川原 憲治,尾家 裕二
 
雑誌名/会議名
  火の国情報シンポジウム2011 2011 年 3 月
 
アブストラクト
  無線LAN のMAC 層通信方式であるCSMA/CA は,センサネットワークのよう なマルチホップ通信を用いる環境では,複数センサ間のフレーム衝突の増大や隠れ端 末問題などにより通信性能が劣化する恐れがある.シングルチャネルの利用を前提と してこれらの影響を緩和する手法として, フレーム転送時間の自律的なスケジューリ ングが考えられる.そこで,本研究では周辺ノードとの情報交換によりスケジューリ ングを行う二つの機構について調査を行い,センサノードが静止している場合を仮定 して有効な送信タイミング決定方式について検討する.さらに,異なる規模のネット ワークにおいて有効性を検討する.
 
キーワード
  Sensor Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.