大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


無線メッシュ網における自己適応型ノード探索手法に関する研究
著者
  古賀 武司
 
雑誌名/会議名
  2011 年 2 月
 
アブストラクト
  本論文では,地理的に限定されたエリア内に構築された無線メッシュ網上での一時的な情報 共有を行うための自己適応型ノード探索手法の提案とその性能評価を行う.自己適応型ノー ド探索手法は,各ノードが持つ変数,(例えば,複素数,2 次元ベクトル,等)の演算により経路を決定し,また,変数の値を適応的に変化させる仕組みを含む.一時的な情報共有と は,情報の送信者と受信者が自身のタイミングで無線メッシュ網に現れる状況で,送信ノー ドが発信した情報を受信ノードへと伝搬することを表す.シミュレーションでは,(1)送受 信ノードがランダムな位置に発生,(2)固定の位置の受信ノードから一定距離内に送信ノー ドが発生,という送受信ノードの空間的発生パターンに対して,自己適応型ノード探索手法 が確実な情報伝搬が行えるかを評価する.シミュレーション結果は,送信者の発生パターン によって適切な数値と演算が変わることを示す.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.