大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


電子情報通信学会 ネットワークシステム研究賞
著者
  内田 真人, 縄田 秀一, Yu Gu, 鶴 正人, 尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  時間周期的パケットサンプリングの統計的性質とその異常トラヒック検知への応用, 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技報 Vol.110, No.448, pp.651-656(NS2010-278), 2011年3月3-4日. 2012 年 3 月
 
アブストラクト
  正常時のトラヒックパターンを表す基準モデルを,正常/異常パケットの分類がなされてないトラヒックデータを用いて学習することを特徴とした異常トラヒック検出手法を提案する.学習された基準モデルは,監視対象ネットワークにおいて計測されたトラヒックデータとの比較のために用いられる.本論文では,提案手法を実現するために,時間周期的パケットサンプリングにおける偏りや散らばりといった統計的性質を応用する.さらに,独立にサンプリングされたトラヒックデータを個別に学習した複数の基準モデルを用いることで,サンプリング時間間隔を確率的に決定することに伴う異常トラヒック検出性能の統計的変動を緩和する手法や,逆に,その統計的変動を利用して異常トラヒック検出の感度を調整することで,異常トラヒック検出結果におけるFalse PositiveとFalse Negativeとの間のトレードオフを調整することのできる手法を提案する.実トラヒックデータを用いた実験の結果,提案手法はバースト性を伴う異常トラヒックの検知に有効であることが示された.
 
キーワード
  Measurement, security, nm
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.