大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


多点観測型移動ターゲット捕捉センサネットワークの性能解析に関する研究
著者
  前田祐樹
 
雑誌名/会議名
  2012 年 2 月
 
アブストラクト
  無線通信機能を有するセンサノードによりネットワークを構築するセンサネットワークにおいて,様々 なアプリケーションの導入が想定されており,その1つに移動ターゲット捕捉システムがある.これまで,センサノードの省電力化のために捕捉可能・通信可能・待機の3状態を有することを想定し,メッセージ送受信によって自律的に捕捉可能状態に遷移して複数ノードがターゲットを捕捉するアルゴリズムの提案と捕捉性能や消費電力性能のシミュレーション評価が行われている.しかし,各性能の理論的な検証はされていない.本研究では,センサノードがターゲット位置を把握し,かつRIS(Random Independent Sleeping)にしたがい状態遷移すると仮定した場合に,ターゲット静止時の捕捉率,遷移確率を理論的に導出する.さらに,ターゲット移動時にノードの遷移確率が各性能に及ぼす影響を評価することにより,従来のメッセージ交換による捕捉アルゴリズムの改善手法について検討する.その結果,既存アルゴリズムとの性能比較により改善方式に関する指針を示した.
 
キーワード
  Sensor Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.