大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ネットワーク省電力化のための経路集約/分散アルゴリズムの性能評価に関する研究
著者
  青木 ゆう
 
雑誌名/会議名
  2012 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットトラヒックの急激な増加に伴い,ネットワーク機器の電力消費量が急増しているため,その省電力化が重要視されている.ネットワーク機器単体では,リンクの設定帯域が小さいほど電力消費量が小さいという特性を利用して,トラヒック量に応じて転送帯域を調整する手法が提案されている.しかし,複数の機器で構成されるネットワークにおいて,最小ホップベースの経路制御では,ネットワークに流入されるトラヒック量に関わらず全機器を稼働しなくてはならないため,電力消費の観点から非効率である.そこで,これまでに,発生フローの転送可能経路が複数存在するネットワークにおいて,各経路の利用状況に応じた経路の集約/分散による省電力化手法が提案され,解析的な性能評価がされているが,発生フローに対して通常転送される経路(デフォルトパス)の低消費電力化を目的としていたため,ネットワーク全体の省電力化を考慮した場合は改善が可能と考えられる.そこで本研究では,その集約/分散アルゴリズムを改良し,シミュレーションにより評価する.その結果,パスの利用率が均一または不均一の場合それぞれにおける改善指針が示され,その有効性が確認された.
 
キーワード
  Green IT
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.