大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


TCP フローのデータ転送移行による省電力化のための リンク利用時間集約方式に関する研究
著者
  窪園 晃一
 
雑誌名/会議名
  2012 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,インターネット利用の高度化に伴う企業や家庭における大容量コンテンツの普及等により,転送トラヒック量が急増している.それに伴い,ネットワーク機器の収容台数が増加し,機器の消費電力も増加しているため,それらの消費電力を抑制することが重要である.ネットワーク機器の省電力化手法の一つとして,LAN スイッチ/ルータのポート転送速度制御手法が提案されている.これは,各ポートの転送速度が低い程,消費電力量が少ないことを利用し,転送トラヒック量に応じて動的に転送速度を切り替える.しかし,TCP トラヒックを対象とした場合,そのフロー制御機構により転送性能に影響を及ぼす恐れがある.そのため,リンクが利用されていない時間(アイドル時間)を検知し,転送速度の切替を行う方式が有効となる.しかし,転送速度の切替には数十[msec] 要するため,それより大きなアイドル時間が制御対象区間となる.そこで本研究では,ルータ間リンクに複数のTCP フローが転送されている状況を仮定し,ルータを低転送速度状態に移行する時間を増加するためのデータ転送移行手法を提案し,その省電力性能をシミュレーションにより評価する.結果より,確率的に一定時間分データ転送を移行する場合,速度切替に要するアイドル時間の増加が見られ,省電力性能を改善できることを明らかにした.
 
キーワード
  Green IT, Traffic Engineering
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.