大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


片道パケット遅延計測ツールOWAMPの機能拡張と実ネットワーク での評価
著者
  佐々木恭平
 
雑誌名/会議名
  2012 年 2 月
 
アブストラクト
  現在,インターネットの普及によりネットワーク利用者の増加が著しく,それに伴いアプリケーションは多様化し,トラヒック量も増大している. そのため,ネットワークの品質を維持するにはネットワークの内部状態(特性)を常時把握し,管理することが重要である. しかし,インターネットの通信は一般に管理主体が分散しているため,ネットワーク全体を直接監視することは難しい. そのため,エンドツーエンド(E2E)の計測によりネットワーク特性を推定する手法が多く研究されている. E2Eでの計測によってネットワーク特性を推定するためには,片道パケット遅延の計測が重要である. 以前は一般的な片道遅延計測のソフトウェアツールがなかったが,近年OWAMPというツールがIETFのIPPM-WGでの標準化に基づいて実装された. しかし,OWAMPの機能のみでは複雑なネットワーク特性の推定は難しい. そこで,本研究報告では様々な計測実験が容易に行えるようなプラットフォームとして利用できるようOWAMPに新たな機能を拡張させ,この拡張ツールの推定性能および特性を実ネットワーク上での計測実験により評価した. その結果,拡張ツールは平均誤差1ミリ秒未満で片道遅延の計測を行うことが可能であり,また拡張ツールでの片道遅延の計測により推定されたパケット到着間隔を用いることでパスに沿った最小リンク帯域幅などのネットワーク特性を推定する手法の実現が期待できることがわかった.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.