大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


可変長ファイルに対応した蓄積中継形転送スケジューリングの性能分析
著者
  佐藤 広和
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2012 年 2 月
 
アブストラクト
  近年のインターネット上では,大容量データを扱うアプ リケーションとユーザ数が増加している.その結果,従来 のend-to-end での連続的なファイル転送では通信経路上 のボトルネックリンクでのファイル同士の競合による転送時間の増加が問題とな る.それを解決するために,競合を時間的に回避し,平均 転送時間を短縮する蓄積中継形ファイル転送が検討されて いる. 先行研究では,全ファイルが同じ長さで同時に転送 要求が発生するという最も基本的な条件での蓄積中継スケ ジューリングが考案された. そこで本研究では,ファイル 毎に長さが異なる場合にも対応できる2 つのフロースケ ジューリングを考案し,蓄積ノードの位置とトポロジのリ ンク帯域を変化させた場合の各スケジューリングの性能を 単純なモデル上でのシミュレーションによって分析し,転 送時間短縮に有効であることを示した.
 
キーワード
  Traffic Engineering
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.