大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


無線アドホックネットワークにおける可変識別子を用いた発見的情報共有手法
著者
  久米 一樹
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文 2012 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネット(グローバルネットワーク)を利用した情報共有は有用であるが,一方で,ローカルエリア内にいる不特定多数の人の間にだけ,リアルタイムに情報を発信し共有することが有用なこともある.それは人と人との会話のような情報共有に近いものである.このような情報共有は,人々が興味に合った情報を確実に得られることを保証するものではなく,ある瞬間にそこに集まった人々の構成に依存する発見的なものになるであろう.本研究では,上記の背景の下,不特定の人が集まる場所において,無線通信機器を持ちながら移動する人々の間でタイムリーな情報を共有するための手法を考案する.さらに,考案する情報共有手法がどれだけ参加者に興味ある情報,および発見的に興味を持つ情報を伝達したかを観測する方法を示し,その観測方法を用いた観測例を通じて本情報共有手法の有用性を議論する.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.