大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


リンク重要度を利用した省電力経路制御方式の基礎評価に関する研究
著者
  蒲原 達也
 
雑誌名/会議名
  2012 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,インターネットが普及し,利用者の増加やサービスの多様化によりトラヒック量が 大幅に増加,それに伴い収容ネットワーク機器も増大しているため,省電力化は急務である.これまでに,ネットワーク機器単体における省電力化が考慮されてきたが,それだけでは不十分である.インターネットはスケールフリー性を有することが明らかになっており,高次数ノードの接続リンクほど高利用率となる.このことから,一部のリンクやノードにトラヒックが集中すると考えられるため,低利用率リンクを削減または低消費電力状態に移行することで,転送性能を維持した省電力化が可能である.これまでトポロジ固有の値である「リンク重要度」を基に静的なリンク削減を行い,その有効性を示した.しかし,リンク削減による迂回先リンクのフローの増加や収容トラヒックの変動により通信性能が劣化する恐れがある.そのため,削減リンクの復旧方式の検討が必要である.本研究では,リンク利用率に基づいた削除リンク復旧方式を提案し,省電力経路制御の実現性について検討する.結果より,省電力性能及び通信性能を考慮した通信が可能であることを示した.また,パケットロス率に対する許容値を基に,削減リンク復旧閾値を導出した.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.