大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


TCPフローのデータ転送移行による省電力制御方式の基礎評価に関する研究
著者
  古屋 貴之
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2012 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,コンピュータネットワークの発展・普及により,企業や家庭・個人でのインターネッ ト利用が急激に増加している.それに伴い,ネットワーク機器の設置台数もまた急激に増加 しているため,ネットワーク機器の省電力化は重要な課題である. これまで,LAN スイッチ/ルータのポート転送速度の動的制御として,ネットワーク機器 の消費電力量はポート転送速度が低いほど小さい特徴を利用し,予測したデータ伝送量に応 じてポート転送速度を低く切り替える省電力化手法が提案されている.しかし,TCP トラ ヒックに適用する場合,そのフロー制御機構のため輻輳が生じ,転送性能を低下させる恐れ がある.したがって,データ転送を行っていない時間(アイドル時間) に着目し,その時間 にポート転送速度を切り替えることで省電力化を行う必要があるが,ポート転送速度の切り 替えには数十[msec] 要するため,それより大きなアイドル時間が制御対象となる.そこで, TCP フローを確率的に一定時間待機させて転送し,ルータ間に発生する複数フローのデー タ転送を集約する,すなわち,省電力化に有効なアイドル時間の割合を増加させる手法が提 案されているが,トラヒックの輻輳状態を考慮してフロー転送を待機させることで,より高 い省電力効果を期待できると考えられる. そこで本研究では,ルータ間の収容TCP フロー数を動的に計測し,それに基づきフロー 転送を待機させる省電力制御方式を提案する.シミュレーションにより,省電力化に有効な アイドル時間と各フローの転送時間を計測し,省電力性能と転送性能を評価する.結果より, 収容TCP フロー数に応じたデータ転送移行による省電力化の有効性を明らかにした.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.