大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ホワイトスペースを用いた自律分散マルチホップ車車間通信システム(Part1) 〜チャネル選択手法〜
著者
  安藤圭佑, 吉村力, 塚本和也, 鶴正人, 尾家祐二, 大竹賢明, 北村優行, 藤井威生, 井原隆, クレモ ハリス, アルトゥンタシュ オヌル, 田中英明
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.112, No.240, SR2012-70, pp.203-210 (2012年10月17-19日, 福岡県) 2012 年 10 月
 
アブストラクト
  本稿は,2012年1-2月に宮崎県美郷町で実施した自律分散マルチホップ車車間通 信システムの実証実験について,その実装と性能評価結果を報告する.本システ ムでは,縦列走行を行う3台の車両がホワイトスペースから自律的に(1)ゾーン制 御チャネルと(2)車群制御チャネルを確立する.各車両は2種の制御チャネルを用 いて,通信グループ(車群)を形成し,保持するホワイトスペース情報を車群内で 共有する.データ送信車両はこの情報を基に受信車両までの2ホップデータ通信 を開始する.また,各車両はスペクトラムセンシングを行い,ホワイトスペース を常に把握しつつ,プライマリ信号検出時に適切なチャネルへ切り替えて通信を 継続する.我々はこの機能を実装し,実証実験を通じてチャネル確立/切替時間 ,及び制御チャネルのメッセージ共有率について有効性を検証した.尚本稿は2 部構成をとり,Part1ではシステムのチャネル選択手法を,Part2ではスペクトラ ムセンシングとホップ間干渉低減技術について述べる.
 
キーワード
  コグニティブ無線
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.