大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


省電力経路制御におけるトポロジ情報を利用した 削減対象リンク選択方式
著者
  岩村幸歩, 田村瞳, 川原憲治, 尾家祐二
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.111 No.469 IN2011-177, pp.241-246 (2012年3月,沖縄県) 2012 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,インターネットの普及拡大に伴う設置ネットワーク機器の増加により,ネットワークの省電力化は重要な課題である.その方法として,各送信ノードからの転送経路が複数存在し,最短経路中に利用率の低いリンク,またはルータが存在する場合,該当箇所を迂回して他経路を利用することにより低帯域化もしくは遮断することが有効である.しかしネットワークにおけるトラヒックの発生状態は動的に変化するため,該当リンク/ルータの特定は困難である.そのためトポロジ構造から一意に特定できることが望ましい. そこで本研究では,全ノード間の通信を仮定した論理フロー数である多重度を全ノードペア数で正規化した値を重要度と定義し,重要度の低いリンクから遮断対象とする方式を提案する.まず,各種トポロジにおけるリンク削減率の上限を明らかにし,転送トラヒック量がリ ンク削減率やパケットロス率に及ぼす影響について調査する.さらに,各ルータが局所的に取得できる情報をもとに自律的,かつ動的に対象リンクの設定・解除を行う省電力制御のための基本方針について明らかにする.
 
キーワード
  Green IT, Traffic Engineering
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.