大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


省電力経路制御のための特定ルータ群を起点とした集約リンク選択手法に関する研究
著者
  坂本 智弘
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2013 年 3 月
 
アブストラクト
   近年のインターネット普及拡大の伴う消費電力の増加により,ネットワーク全体の省電力 化が急務である.そこで,低利用率リンクを経由するトラヒックを迂回させて他経路に集約 し,該当リンクを低消費電力化することが有効と考えられる.そのような省電力化手法とし て,既存のEAR (Energy Aware Routing) を改良したXEAR (eXtended EAR) がある.こ の手法では,ネットワーク内の各ルータが代表ルータの最短経路木を利用してトラヒックを 集約し,最短経路木を構成しないリンクを低転送速度に設定することにより省電力化を図 る.これまで,通信性能の劣化を抑えた効果的な省電力化が可能であることが示されている が,代表ルータに負荷が集中しやすいという問題が指摘されている.  そこで本研究では,トラヒックが集中する代表ルータ群の負荷分散を目的として,複数の 代表ルータをクラスタ化する手法を提案し,XEAR との比較を行う.ランダムネットワー ク,スケールフリーネットワークにおいて,シミュレーションにより各手法の省電力性能と 転送性能への影響を比較し,提案手法の有効性を調査する.シミュレーション結果から,提 案手法はXEAR と比較して高負荷時において転送性能が改善され,トラヒックの変動に関 わらず省電力性能の劣化を抑制した代表ルータの負荷分散が可能であることを示した.
 
キーワード
  Green IT
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.