大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ノード位置情報を利用した制御情報交換のための無線MACプロトコルに関する研究
著者
  上田 聖
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文 2013 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,ユビキタス社会の実現に向け,TV ホワイトスペースを有効利用するコグニティブ無線通信や大規模センサネットワークなどの広域無線ネットワークが注目されている. しかし,コグニティブ無線における共通制御チャネルや大域環境監視システムなどのように広範囲で多量のノードが周期的に通信することを想定した場合,既存の無線LAN のMAC(Media Access Controls) プロトコルである802.11DCF を適用すると,通信タイミングの重複によるフレーム衝突が頻繁に発生し,通信性能が大幅に劣化すると考えられる. 一方,無線通信においては,シグナルキャプチャ効果が存在する. これは,複数ノードが同時にフレームを送信する場合,そのノード間距離が離れていれば,各送信ノードに近接したノードはその送信フレームのみを受信できる効果である. しかし,送信ノード群が近接していると,その効果はみられず衝突と判断する. そこで,本研究では,シグナルキャプチャ効果を活かしたノード位置情報に基づく時分割スケジューリング手法として放射状分割手法と同心円状分割手法,さらにこれらを組み合わせた混合分割手法を提案し,フレーム到達率を評価する. シミュレーション結果より,混合分割手法において通信エリアを細かく分割し,エリア内ノードの通信タイミングを分散することで各ノードへのフレーム到達率が大幅に向上することを示した.
 
キーワード
  Wireless, Large-scale and Complex Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.