大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


無線マルチホップ型スマートメータのためのデータ連結転送方式における再送制御手法の検討
著者
  石崎 誠人,野林 大起,池永 全志
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.112, No.489, IA2012-92, pp.85-90 2013 年 3 月
 
アブストラクト
  スマートメータはスマートグリッドを実現するための1 つの要素であり,通信技術を用いて各家庭の電力 需給状況を電力会社へ伝達する機能を有する.先行研究において,スマートメータの情報伝達手段として短距離無線 通信を利用したマルチホップ無線通信方式に着目し,データ転送及び高信頼化を実現するデータ連結転送方式を提案 してきた.しかし,先行研究では,パケットロスが発生した場合の再送制御について考慮されておらず,周辺の無線環 境やネットワークトポロジの形状により,効率の良いデータ収集が困難になる場合が生じる.そこで本研究では,先 行研究に通信回数の増加を抑制可能な再送制御を加えることで,データ転送の効率化および高信頼化を向上させる手 法を提案する.そして,本手法の有効性をシミュレーションにより評価する.
 
キーワード
  Wireless, Sensor Networks, Large-scale and Complex Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.