大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


省電力Layer2スイッチを利用した省電力効果と転送性能の計測実験
著者
  山口 麻衣
 
雑誌名/会議名
  2013 年 3 月
 
アブストラクト
  インターネットの普及によりネットワーク構成機器およびトラヒック量が増加している.それに伴う消費電力量の急増に対処するためネットワーク機器単体の省電力化は急務である.ネットワーク機器の電力消費量はポート転送速度に比例するが,通常は実際のトラヒック量 によらず最大性能で稼働する.そのため省電力手法としてポート転送速度の動的制御などが 提案されているが,近年では,L2スイッチ単体にて省電力化が可能である省電力L2スイッチも開発されている.これは,ケーブルが未接続のポートを認識し消費電力量を削減する機能や未使用のポートを停止する機能などを備えている.本研究では省電力L2 スイッチALAXALA AX1240Sを用いて,まず省電力機能の確認とその効果を実験を通して明らかにした.つぎに,トラヒック転送時における消費電力量を測定し,転送速度別のトラヒック転送ポートに対する消費電力量の増加の傾向を明らかにした.さらに,トラヒック転送時のポート転送速度切替による転送性能への影響について実験結果を通して,速度切替によりポートが停止し,トラヒック転送に影響を及ぼすことを明らかにした.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.