大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


P2Pネットワークにおける遺伝的プログラミング
著者
  前川 海
 
雑誌名/会議名
  2013 年 3 月
 
アブストラクト
   P2P ネットワーク上で個々のノードにより提供される機能は,現在,ファイル共有システムに代表されるように一般的には一種類のものである.しかし今後,各ノードが固有の機能を持ち,互いに機能を提供し合う可能性もある.さらに,各ノードが固有の機能を持つことで,ノード群が持つ固有の機能を組み合わせて新たな高度機能を創出する場として,P2P ネットワークが利用されることもあるだろう.先行研究においては,この予測の下で,P2P ネットワーク上のノードが持つ固有の機能を単に直列接続して新機能を生成する手法が提案されている.しかし,この手法は,より複雑な構造で表現される機能を創出することができない.  本研究では,先行研究で提案されたP2P ネットワーク上の新機能生成手法を,木構造で表現される新機能を生成できるように拡張した手法を提案し,その基礎評価を行う. シミュレーションによる提案手法の評価では,木構造で表現される新機能として,数式を試行錯誤的に生成するシナリオを用いる.また,そのシナリオに対しP2P ネットワークを構成するノード数や有向リンク数を変化させることで得られた結果から,提案手法の有用性を示す.
 
キーワード
  ptop, その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.