大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


空間的省電力TEにおける経路集約/分散方式の性能解析に関する研究
著者
  山下 昌裕
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2013 年 3 月
 
アブストラクト
  インターネットにおけるトラヒック量の急激な増加に伴い,ネットワーク機器の 電力消費量が急増しているため,ネットワークの省電力化が急務である.ネットワー ク機器単体では,収容トラヒック量に応じて設定帯域を制限することが有効であ るが,ネットワーク全体を考慮した場合,各ノードから最小ホップ経路を利用し て転送されるフローをトラヒック量に応じて他経路に集約/分散する必要がある. これまでに転送フローの経路が複数存在するネットワークにおいて, 各経路の利用状況に応じた経路集約/分散による省電力化手法が提案 され,シミュレーションにより有効性が示されているが, 解析的な検証はされていない. そこで本研究では,複数機器により構成されるネットワークにおいて経路 集約/分散する省電力化手法について,マルコフ過程によるモデル化 により定常状態確率を定義し,性能指標を解析的に導出する. 数値結果からシミュレーションにより示された各種の省電力経路集約/分散手法の有効性を評価するとともに,さらに効果的な手法について検討する. 結果より,複数パスに対する発生負荷が均一な場合において先行研究で提案され た手法の有効性を明らかに し,不均一な場合においては各パスの収容フロー数の差分に応じて経路集約 /分散を行うよう変更することで,発生負荷の低いパスの低消費電力滞在率を大幅に改善 できることを明らかにした
 
キーワード
  Green IT, Traffic Engineering
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.