大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


OpenFlowネットワークを考慮した異種TCP混合時性能の特性分析
著者
  河野翔太
 
雑誌名/会議名
  2013 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,クラウドサービスの普及により国際通信やデータセンタ間の通信など,長距離通信を行う機会が増加している. 長距離通信では,遅延の大きい通信を想定していない従来のTCPでは効率の良い通信が行えなかったが, 近年では長距離通信に対応したTCPが登場しており,LinuxOSなどで実用化されている. このような中,ネットワーク環境としてSDNが注目を浴びており,この先駆けとしてOpenFlowが多く用いられている. OpenFlowとはスイッチとコントローラの二つで構成されており,コントローラによって個々のスイッチに命令を送り,柔軟な制御を実現している. 本研究では,このOpenFlowによるフロー単位の経路制御によってそれぞれのフローがよりよいスループットを実現できるよう経路制御を行うことを目的とする. そのために,TCPの種類を考慮した制御を行うことでスループットを向上させることが可能か調査していく. 今回,一つの経路に同じTCPフローを多数流した場合と異なるTCPフローを流した場合のフローを測定した. 評価指標としては,フローの合計スループットから帯域利用率,フローのそれぞれのスループットの比率から公平性を用いた. 分析の結果,TCPの種類,本数,比率により優劣が異なるが,主にRENOの性能が向上しないことが判明し,フロー制御の判断材料となる結果が得られた.
 
キーワード
  Traffic Engineering
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.