大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ODトラヒック行列推定における重ね合わせ手法の拡張
著者
  古閑 健一
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文 2013 年 2 月
 
アブストラクト
  大規模なネットワークの管理運用には,大域的なトラヒックフローの挙動を統計的に常時把握す ることが重要となる.しかし,大規模高速ネットワーク上を通過する個々のパケットの送信元/宛先 IP アドレスを調べることでフローを直接的に計測するアプローチは高コストであり,場合によって は不可能である.そこで,ルータの各インターフェースにおいて容易に計測可能な通過する複数フ ロー流量の和(集約フロー流量)から,各フローの統計量を推定するOD(Origin-Destination) トラ ヒック行列推定が研究されている.卒業研究では,このOD トラヒック行列推定について,基本ネッ トワークトポロジに対するネットワークトモグラフィに基づく推定原理を重ね合わせることにより, 特定の拡張トポロジに対して比較的容易に推定を行える手法を提案し,シミュレーションによって評 価した.本研究では,実際の多様なトポロジに対応するために,重ね合わせ手法を拡張し,流量平均 および流量分散の推定手法の一般化を行った.具体的には,最小実効流量の決定や,部分推定の重 ね合わせにおいて汎用的で高速に解ける二次計画法を活用し,一般のトポロジに容易に適用可能な 推定手法を提案した.そして,複数の拡張トポロジに対して,学内ネットワークでの実測データに 基づくトラヒックフローを用いたシミュレーションを行い,提案手法の有効性を実験的に評価した. 実験結果から,10 本のフローを4 個の観測点での集約フローから推定する例および12 本のフローを8 個の観測点での集約フローから推定する例において,フローパターンにより誤差の大小はあるものの,実流量の時間変化に追従した推定ができ,様々なネットワークトポロジに対して提案手法が有効であることが確認された.
 
キーワード
  Measurement, nm
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.