大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


無線LAN環境における同一ペイロードパケット削減手法
著者
  山口 裕樹,野林 大起,池永 全志
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.113, No.364, IA2013-67, pp.59-64 2013 年 12 月
 
アブストラクト
  スマートフォンやタブレット端末などの携帯端末の普及に伴い,無線 LAN に接続する機器が急増している. 通常は,無線 LAN アクセスポイント (AP) に接続しているユーザは,1 つのチャネル空間を共有しており,使用可能な帯域は限られている. そのため,無線通信資源を効果的に利用することは重要な課題である. 無線 LAN において,動画を閲覧する際など同一データが異なる端末に個別に送信される場合がある. 本稿では,このような場合に転送パケット数を削減する手法を提案し,その有効性をシミュレーションにより検証した. また,複数のユーザに同一データを配信するアプリケーションの調査を行い,本手法が適用可能なサービスを検証した.
 
キーワード
  Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.